トランスメディア提供アイコン01 「まにわ漆展」朗読会の様子

11月19日 14時~
十字屋迎賓館にて「朗読会」が行われました。
出演者は朗読をしていただいた元RSKアナウンサー中山美保さん、三味線を弾いていただいた木口和枝さん、そして朗読の松尾節子さんと鈴木玲子さんの4名の方々でした。当日は雨にもかかわらず大勢の方々にお越しいただきました。
まず、最初は中山美保さんによる、谷崎潤一郎作『陰翳礼賛』です。谷崎潤一郎は真庭市勝山にゆかりのある作家として有名です。「細雪」の執筆は勝山の水島呉服店に机を持ち込んで書き上げました。その谷崎の随筆の中から、漆の美しさが書かれている『陰翳礼賛』を漆器の映像と共にお送りいたしました。
f0190624_21524128.jpg


次は、芥川龍之介作『蜘蛛の糸』
2006年より中山美保さんに指導を受けてられる、松尾節子さん・鈴木玲子さんの朗読でした。
f0190624_21555574.jpg


最後は江戸情緒たっぷりの藤沢周平作『明烏』を三味線の音色に合わせてお送りいたしました。
f0190624_21583612.jpg


朗読会の後は、十字屋迎賓館内のアクセサリー作家の方々の展示をご覧いただきました。
f0190624_2211531.jpg

[PR]

by hishioarts | 2011-11-23 21:55 | Exhibition

<< 「まにわ漆展」会食会の様子 「まにわ漆展」バスツアー >>