トランスメディア提供アイコン01 『大森健司展』開催中です

現在、ひしおホールでは『大森健司展』を開催しています。
大森健司さんは岐阜県多治見市の陶芸作家さんで、岡山での個展は今回が初めてなのだそうです。
白やベージュといった自然な色合い、やや不安定でありながら、広がりのあるなめらかなラインの陶芸作品が展示されています。
f0190624_162698.jpg

赤や黒の作品は粘土そのものの色と素材の質感が感じられます。
f0190624_1629475.jpg

蔵の土壁や古い木の梁と作品の調和がとてもよいのも見所ではないでしょうか。

展示販売も行っていて、普段使いの器などもあります。
赤、茶色の色彩は南欧の雰囲気を感じられる方もおられました。
f0190624_16332868.jpg


7月7日(日)までの開催です。

梅雨時期の今は湿気を感じますが、吹く風に心地良さが感じられます。
のれんに彩られた歴史的な町並みと、あたたかみが感じられる大森さんの作品を堪能しに、是非勝山、ひしおにお越し下さい。

『大森健司展』
2013.6.29(sat.)-7.7(sun.)
10:00-16:30 勝山文化往来館ひしおホール 入場無料
[PR]

by hishioarts | 2013-07-04 16:39 | evevt

<< まにわアートアニメーションプロ... 鳥の劇場『料理昇降機』無事終了 >>