トランスメディア提供アイコン01 カテゴリ:evevt( 72 )

トランスメディア提供アイコン01 第七劇場 仕込み中

9月12日(火)から第七劇場の劇団員の方がひしおホールで仕込み作業に来館しています。
f0190624_20493602.jpg


ひしおホールを真っ暗にするため、天井の窓も覆いました。
いつものひしおホールが「第七劇場」さんによってどう変わるか楽しみです(^^)
f0190624_20501961.jpg

[PR]

by hishioarts | 2017-09-15 21:40 | evevt

トランスメディア提供アイコン01 勝山のお雛まつり写真展2017

今年もたくさんの方にお越しいただいた「勝山のお雛まつり」。
そんな勝山のお雛まつりが形を変え、「写真展」として再度、町並みを彩ってくれました。

応募総数162点の中から入賞作品を決める審査会が行われました。
f0190624_17355877.jpg


ホールにずらりと並ぶ写真は圧巻です。
f0190624_17395146.jpg



今年の実行委員長賞には前夜祭での一コマが選ばれました。
●実行委員長賞●
f0190624_17293222.jpg


●市長賞●
f0190624_17302787.jpg


●ほのぼの賞●
f0190624_17305391.jpg


●ふれあい賞●
f0190624_17303889.jpg



入賞作品だけでなく、応募作品すべてをひしおや町並みに展示するこの写真展。
勝山を散策されながら楽しまれた方も大勢いたのではないでしょうか?

f0190624_17452590.jpg


f0190624_1746144.jpg


来年で勝山のお雛まつりも20周年を迎えます。
カメラ越しに広がるあなただけのお雛まつりの一コマを、写真展で見えることを
楽しみにしています。





来年の「勝山のお雛まつり写真展」もどうぞよろしくおねがいいたします。

f0190624_17473072.jpg

[PR]

by hishioarts | 2017-05-07 17:20 | evevt

トランスメディア提供アイコン01 ひしおのお雛まつり2017「女たちの仕事展」

ひしおのお雛まつり2017
◇女たちの仕事展◇
f0190624_16292579.jpg


勝山のお雛まつりに合わせて開催している「ひしおのお雛まつり」
今回は、「女子美術大学」の岡山県在住の卒業生による『女たちの仕事展』を開催しました。
f0190624_16315323.jpg

f0190624_16485461.jpg


女性の細やかな仕事に焦点をあて、伝統的な技から現代的な表現まで一堂に集め華やかな展覧会となりました
f0190624_1647141.jpg

f0190624_16323359.jpg


喫茶スペースでは勝山のお雛まつり期間中、
ひしおオリジナル「お雛弁当」を1日70食限定で販売いたしました。
f0190624_171377.jpg


たくさんの方にご来場いただき有難く思っております。
少しでも皆さまにひしおがお届けした春の訪れを楽しんでいただけたでしょうか。


来年は「勝山のお雛まつり」も20周年を迎えます。
いまから、来年のお雛はどんな表情を見せてくれるか楽しみです。


f0190624_16294426.jpg

[PR]

by hishioarts | 2017-03-12 16:21 | evevt

トランスメディア提供アイコン01 食のイベント「勝山の特産 銀沫を食そう!」

2月4日は食のイベント「勝山の特産 銀沫を食そう!」を開催しました。
ご参加いただいた皆様、ご協力いただいた皆様ありがとうございました。
フォーラムでは、生産者の福島さんに講演していただき、銀沫を作り始めた経緯や生産していての苦労、実際に調理するときにこうした方がいいというアドバイスなど、ギュッと詰まった面白いお話で楽しませていただきました。
f0190624_15194640.jpg

f0190624_15201192.jpg

f0190624_15202538.jpg


実食の方では、フードコーディネーターの灰原さんの手による銀沫のフルコースを堪能しました。
f0190624_15212574.jpg

f0190624_15213565.jpg
f0190624_15214280.jpg
f0190624_15214993.jpg

(写真はコースの一部です)

「山芋の食べ方といえば・・・」という思い込みの枠から飛び出した、おもわず『なるほど!』と感心させられる料理に参加された皆さんも楽しんでおられたようです。
f0190624_15232665.jpg

また、今年は今までのバイキングスタイルから趣向を変え、スタッフがサーブする形式にしたことで、ゆっくりくつろいでいただけたこととおもいます。

ひるぜん大根、真庭産原木しいたけ、まにわ発酵'sの発酵食品、やまのいも銀沫と開催してきた【食の企画】。食材は未定ですが、来年も開催予定ですのでどうぞご期待ください。
[PR]

by hishioarts | 2017-02-05 15:26 | evevt

トランスメディア提供アイコン01 磯谷晴弘GlassWorks

10月8日~23日まで開催した磯谷晴弘GlassWorks
開催中、364名の方にご来場頂きました。

開催中は磯谷先生が在廊してくださったことで、来場者の方も作品についての
疑問や感じたことを直接先生とお話しでき、大変喜ばれておりました。
f0190624_17163654.jpg

ホール2階には、一番大きな作品の制作行程のパネルを展示しました。
作品が出来上がるまでに、これほどの時間と作業が必要なのかと
驚かれている方も。

f0190624_17165299.jpg
f0190624_1717280.jpg
f0190624_1717887.jpg
f0190624_17171431.jpg

作品「泉」がもつ美しさと存在感に魅了され、時間が経つことを忘れてしまいました。
f0190624_17294134.jpg

[PR]

by hishioarts | 2016-10-23 17:04 | evevt

トランスメディア提供アイコン01 磯谷晴弘Glassworks~スペシャルイベント~

磯谷晴弘Glassworks開催中、-勝山の水で味わう中国茶-銘酒 御前酒の仕込み水を使ってと題して、
安藤規子さんによる中国茶会を行いました。
f0190624_1116650.jpg
f0190624_11161427.jpg


秋の気配を感じながら、香り高い中国茶を楽しまれていました。
f0190624_11198100.jpg


f0190624_11191926.jpg


10時半から一時間ごとに席を設けましたが、どの回からも楽しそうな笑い声と
中国茶の香りと味に思わずうっとりとされていました。
[PR]

by hishioarts | 2016-10-15 18:09 | evevt

トランスメディア提供アイコン01 磯谷晴弘Glassworks~オープニング~

10月8日から開催中の「磯谷晴弘Glassworks」
一番大きな作品の重さは250kgもあるので、クレーンを使っての搬入となりました。
f0190624_16271687.jpg

f0190624_16282724.jpg

「何事だ?!」と驚かれた方もいたのではないでしょうか。

そして、イベント当日はオープニングイベントとして
磯谷先生によるギャラリートーク、ティータイム、箏・尺八コンサートを行いました。
f0190624_1046980.jpg

箏曲演奏家の山路みほさんと、尺八奏者のパヴェルさん
f0190624_10513349.jpg
f0190624_10514190.jpg
f0190624_10514833.jpg
f0190624_10515972.jpg
f0190624_1052625.jpg

「泉」を囲んでのイベントに来場された方も作品に魅了されたのではないでしょうか。
[PR]

by hishioarts | 2016-10-08 18:18 | evevt

トランスメディア提供アイコン01 三村脩彫刻展

真庭市作家シリーズ第一弾として9/4~19日の間
「三村脩彫刻展」を開催しました。
f0190624_15593669.jpg

f0190624_15595125.jpg


三村さんは真庭市目木在住。
自分が少年期に見た農家の日常を木彫り作にして是非後世に伝えたいと
24年前(61歳の時)市内の建設会社を定年退職後創作活動に精力的に取り組んでいます。
f0190624_164102.jpg

f0190624_1643049.jpg

f0190624_16184510.jpg



彫刻は独学で、京都や奈良の神社仏閣をめぐり研究を重ねられたそうです。
f0190624_1673188.jpg
f0190624_1673937.jpg
f0190624_1681320.jpg


どれも独学とは思えないほど、繊細かつ力強い作品ばかりです。
f0190624_16114398.jpg


来場者も「材料が木だと忘れてしまう」「どの角度から見ても作品になっているモノを作るってほんとにすごいよなぁ」
と次々驚きと感動の声が聞こえていました。

こちらの作品は蛇を捕まえて観察しながら制作されたそうです。
f0190624_16145529.jpg


他にも三村さんのユーモア溢れる作品が数々ありました。
f0190624_1616287.jpg


今回の彫刻展には来場者数980名とたくさんの方に来ていただきありがとうございました。
f0190624_16485319.jpg

来場者は作品を見ながら子どものころの思い出話しをしたり、
お孫さんに「昔は井戸水を使って洗濯してたんだよ」
と教えたりされていました。
f0190624_1649863.jpg

f0190624_16492790.jpg


今回、たいへんご高評頂けたのも三村脩さんのお人柄や
作品がもつ素晴らしさのおかげです。

本当にありがとうございました。
[PR]

by hishioarts | 2016-09-19 09:22 | evevt

トランスメディア提供アイコン01 まにわ映像フェスティバル2016

G9+1の「ナントカ天国」展では出来たてホヤホヤの新作を「ひしお」で初お披露目!
f0190624_17254742.jpg

11日のオープニングトークでは、G9+1の先生達に来て頂き、
アニメーションの世界の裏話など興味深いお話を聞くことができました。
f0190624_17245382.jpg


来場者の中には、「こんなすごい先生方とお話が出来るなんてすごすぎる!」と
興奮気味に話しをしている方もいました。
f0190624_1733863.jpg

f0190624_17333298.jpg


また、先生達には今回のイベントの為にイラストを描き下ろして頂きました。

一色あづる 画「凸凹天国」
f0190624_17361652.jpg

西村緋祿司 画「美人画天国」
f0190624_17364357.jpg

大井文雄 画「序説 天国街道寄道地獄」
f0190624_17371186.jpg

ひこねのりお 画「アニマル天国」
f0190624_17374431.jpg

きらけいぞう 画「妄想天国」
f0190624_17381467.jpg

福島治 画「オイラの天国」
f0190624_1738466.jpg

島村達雄 画「メガロポリスの天国」
f0190624_17582332.jpg

古川タク 画「ナントカ天国」
f0190624_1742336.jpg

鈴木伸一 画「鬼の天国」
f0190624_1742222.jpg

和田敏克 画「台風天国」
f0190624_17425259.jpg


とても素敵な初日となりました。
来場者の中には、2回、3回と鑑賞されたり、ご自身でアテレコされて楽しんだりする方もいました。
[PR]

by hishioarts | 2016-08-23 20:20 | evevt

トランスメディア提供アイコン01 まにわ映像フェスティバル2016 その②

19日、20日、21日の3日間、今年は趣向を変え勝山文化往来館ひしお内で「ひしおの海」、「ひしおの森」と題してアニメーションマッピングを行いました。
f0190624_1221680.jpg


8月の上旬から東京工芸大学アニメーション学科の学生が準備の為、勝山へ続々と到着し、
設営や、映像の制作・調整を行っていました。
f0190624_12243080.jpg


町並みの軒先には、ソーマトロープを設置し、訪れた方を出迎え、
f0190624_12252360.jpg


映像の調整や制作は毎晩遅くまで(時には朝まで)、本番に向けて頑張っていました。
f0190624_122745100.jpg

f0190624_1228730.jpg


本番が近づくにつれ、緊張感は増していましたが、
勝山入りした当初に比べ、とても硬かった表情も柔らかくなり、笑顔も出るように
f0190624_12323932.jpg


「ひしおの森」の準備として来場した子ども達にも協力してもらい、
たくさんの塗り絵をしてもらいました。
f0190624_15394790.jpg

この塗り絵が当日はアニメーションとして「ひしおの森」に動き出しました。
f0190624_15401214.jpg


f0190624_1732425.jpg

子どもたちも動き出したアニメーションを見て目を輝かせていました。
f0190624_1733333.jpg


「ひしおの森」のすぐそばでは、
churroさん、ちゃこtamaCAFEさんに出店して頂きました。
f0190624_1834675.jpg

f0190624_1811359.jpg

暑い夜、バーガーと冷たいドリンクにお腹も満たされました。


「ひしおの海」では亀に誘われ海へ行くと、そこは竜宮城。
f0190624_1746018.jpg


不思議な世界が広がり、勝山らしいアニメーションもありました。
だんじりとおばけがぶつかり合う「喧嘩だんじり」
f0190624_174819100.jpg


そして「DJ乙姫」のクラブシーンへと続きました。
f0190624_1749287.jpg


クラブシーンでは、SKストリートダンススクールのメンバーによるダンスもあり、
訪れた方々は「ひしおの海」の世界に見入っていまいした。
f0190624_17542575.jpg


渡り廊下には海面をイメージしたアニメーションが映し出され、子どもたちが寝っ転がったり、
流れる映像を追っかけたりと、思い思いに楽しみました。
f0190624_17565542.jpg

f0190624_17573367.jpg

f0190624_17575744.jpg


アニメーションマッピングの期間中、来場者数847名、塗り絵の参加者数139名と
たくさんの方に楽しんで頂くことができました。

本当にありがとうございました。
f0190624_1823476.jpg

[PR]

by hishioarts | 2016-08-21 23:23 | evevt