トランスメディア提供アイコン01 <   2010年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

トランスメディア提供アイコン01 11月6日(土)紙漉きのワークショップの様子

今日と明日の2日間は、樫西和紙工房の小川秀雄さんにひしおの中庭で、ワークショップを行っていただいております。午前10時から午後4時半まで、会場にお越しいただけたら、紙漉き体験でします。

はじめて体験される方も安心です。小川さんが漉き方のコツを丁寧に教えていただけます。
f0190624_17372229.jpg

小学生の男の子も上手にきれいな和紙が出来上がりました。
f0190624_17373279.jpg

f0190624_17374646.jpg


ワークショップのギャラリーも増えてきて、紙漉きをやられている方は緊張しています。
f0190624_17375670.jpg


9分割された枠では、ポストカードも出来ます。
f0190624_17381136.jpg


樫西和紙の製品も販売されています。体験はチョット無理…といわれる方は、是非記念にお買い求めください。
f0190624_17382274.jpg


ひしおホールには、児島よりアクセサリー作家・カワベマサヒロさんがご家族でご来場いただきました。大きな紙のアート作品につい、触れてみたくなりますね。やさしくなら紙の素材感を肌で感じてください。若い方々に、現代アートを身近でご覧いただきたくて、ひしおは高校生以下無料です。
f0190624_17383374.jpg

[PR]

by hishioarts | 2010-11-06 17:27 | Exhibition

トランスメディア提供アイコン01 11月3日の勝山町並み地区の様子です

11月3日は「ミュージックフェスティバル」「のれんスタンプラリー」と盛りだくさんの一日でした。ひしおホールからも、町並みの賑やかなざわめきが聞こえてきて、勝山の町並みに降りてみました。

「紙」往来展の招待作家・長谷川勢津子さんも楽しそうに歩いていらっしゃいました。
f0190624_192115.jpg

岡野屋旅館プロジェクトで大変お世話になっている沼田さんが仲間の方々と、ポラロイドの写真展示をされていました。温かな写真の数々に見とれてしまいました。
f0190624_19211153.jpg

「かつやま町並み事業を応援する会」のメンバーが、スタンプを集めた人のくじ引きをされています。
f0190624_19212230.jpg

資料館前の様子です
f0190624_19213423.jpg

西蔵前も盛り上がっていました。
f0190624_1921439.jpg

[PR]

by hishioarts | 2010-11-05 19:26 | others

トランスメディア提供アイコン01 日韓現代美術「紙」往来展のオープニングの様子

10月30日(土) 午後2時からの様子です。
辻均一郎理事長の開会の言葉につづき、加納容子館長の展覧会開催の経緯をふまえた思いのお話がありました。
f0190624_1150401.jpg

日韓それぞれ2名の方々のご紹介
f0190624_11505329.jpg

フルート奏者:三尾奈緒子さんによる現代音楽の演奏。紙のインスタレーションにあわせ、私たちがクラッシックで聞きなれている音色とは、全然違う調べを奏でていただきました。
f0190624_1151334.jpg

作家の方々から、作品についてのお話がありました。まず金聖淵(キム ソンヨン)さん。ホール正面のスペースを、ダンボールを使い、現代の人間の姿を表現していただいています。よ~く見ると、私たちの周りにいる人々の姿が思い浮かびます。告白されて驚いたり、しょんぼりしたり、リラックスしたり…。身近な誰かを探しに来てください。
f0190624_11511232.jpg
金正周(キム ジョンジュ)さんの作品は、「再構築」のタイトルからもわかるように、ジーンズの繊維を、砕いて韓紙に漉き込んで作品を創られています。
f0190624_11512376.jpg
長谷川勢津子さんの作品は、2階が「赤い糸」、一階は「KAMIMAKURA」和紙の楮を使用した作品です。「KAMIMAKURA」には勝山の空気をいっぱい詰め込んでいます。
f0190624_11513464.jpg
小田宏子さんは、ひしおが元が醤油蔵だったことから、麹菌のイメージで作品を制作していただきました。
f0190624_1151448.jpg

[PR]

by hishioarts | 2010-11-04 11:58 | Exhibition