トランスメディア提供アイコン01 <   2011年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧

トランスメディア提供アイコン01 「まにわ漆展」ワークョップの様子

11月22日(火)・23日(祝)
ひしおにて郷原漆器生産振興会の高月国光さんによる「木地づくり」のワークショップを行いました。
両日とも大盛況で用意していた材料が全部なくなるほどでした。
f0190624_11405944.jpg

最初は皆さん恐る恐る刃を当てていきます。
f0190624_1153051.jpg

所々で高月さんの的確なアドバイスもあり
f0190624_11522520.jpg

だんだんとさまになってきます。
f0190624_1150396.jpg

轆轤を回すほうも大変です。
f0190624_11593969.jpg

それぞれ自由に好きな形の器を作りました。
f0190624_1157503.jpg

f0190624_11575359.jpg

f0190624_11575590.jpg

昔は轆轤を担いで山に入り、切倒した木をその場で加工していたそうです。
昔の人はすごいですね。
[PR]

by hishioarts | 2011-11-29 12:03 | workshop

トランスメディア提供アイコン01 「まにわ漆展」会食会の様子

11月19日(土)・20日(日)
十字屋迎賓館にて、「漆器で食するイタリアン」と題した会食会を開催いたしました。郷原漆器生産振興会の方々のご協力もあって、今回のために試作品を作っていただきました。
f0190624_1561225.jpg

今回の会食会は十字屋迎賓館・牧館長ご推薦の吉備中央町のイタリア料理ルーチェ・オーナーシェフ佐藤さんにお願いしました。使用したパスタ皿は郷原漆器生産振興会の高月さんと何度も検討を重ね仕上げていただきました。
f0190624_20816.jpg

パスタ料理は「ワタリガニと白葱のタリオリーニ 高菜のヴェール」 なんとタリオリーニはシェフ自身が当日の朝手打ちしたものだったそうです。本格的こだわりパスタを味わうことができた方はラッキーでしたね。
f0190624_202533.jpg

ヘギ板のプレートには、なんと蝦夷鹿のステーキ!!北海道より直送だったそうです。ヘギ板の凹みには天然塩が3種類とソースが置かれてました。
f0190624_27144.jpg

漆器とイタリアン、お越しいただいた方々みんな大満足で、お話もお酒も進み、11月の素敵な秋の夜が暮れて行きました。
f0190624_2133597.jpg

f0190624_213502.jpg

[PR]

by hishioarts | 2011-11-28 02:01 | Exhibition

トランスメディア提供アイコン01 「まにわ漆展」朗読会の様子

11月19日 14時~
十字屋迎賓館にて「朗読会」が行われました。
出演者は朗読をしていただいた元RSKアナウンサー中山美保さん、三味線を弾いていただいた木口和枝さん、そして朗読の松尾節子さんと鈴木玲子さんの4名の方々でした。当日は雨にもかかわらず大勢の方々にお越しいただきました。
まず、最初は中山美保さんによる、谷崎潤一郎作『陰翳礼賛』です。谷崎潤一郎は真庭市勝山にゆかりのある作家として有名です。「細雪」の執筆は勝山の水島呉服店に机を持ち込んで書き上げました。その谷崎の随筆の中から、漆の美しさが書かれている『陰翳礼賛』を漆器の映像と共にお送りいたしました。
f0190624_21524128.jpg


次は、芥川龍之介作『蜘蛛の糸』
2006年より中山美保さんに指導を受けてられる、松尾節子さん・鈴木玲子さんの朗読でした。
f0190624_21555574.jpg


最後は江戸情緒たっぷりの藤沢周平作『明烏』を三味線の音色に合わせてお送りいたしました。
f0190624_21583612.jpg


朗読会の後は、十字屋迎賓館内のアクセサリー作家の方々の展示をご覧いただきました。
f0190624_2211531.jpg

[PR]

by hishioarts | 2011-11-23 21:55 | Exhibition

トランスメディア提供アイコン01 「まにわ漆展」バスツアー

11月18日に「まにわ漆展」の企画として日帰りバスツアーを行いました。
37名の方に参加していただき、各会場では高山先生に展示や漆についてのお話をしていただき好評のうちに終了しました。
岡山駅を出発して両備さんのバスで蒜山の漆林に到着。
f0190624_18135879.jpg

f0190624_1815842.jpg

「漆の館」の小野さんにより、漆掻きの実演を見学しました。
f0190624_1816564.jpg

f0190624_18165861.jpg

その後、郷原漆器の館にて、郷原漆器の制作場所を見学し勝山へ移動。
勝山の西蔵さんで昼食をとったあと、2Fスペースに展示してある御前酒蔵元の辻家所有の漆器と普段は見られない如意山房を辻さんのご好意で見学させていただきました。
f0190624_18275057.jpg

f0190624_18545276.jpg

f0190624_18545683.jpg

次の会場である、勝山文化往来館ひしおまで勝山の町並み保存地区を歩いて散策。
f0190624_18294497.jpg

ひしおの会場では古い郷原漆器、昔の製作道具や備中漆などについて高山先生に説明していただき、みなさん熱心に聞き入っていました。
f0190624_1830082.jpg

旧遷喬尋常小学校では重要文化財の校舎と講堂に展示してある花、家具、書を見学。
f0190624_18461485.jpg

f0190624_1846274.jpg

f0190624_18463025.jpg

十字屋迎賓館では十字屋の牧社長のご好意でコーヒーをご馳走していただき、慌しいツアーの中で皆さん一息つかれたようでした。
f0190624_1849380.jpg

その後、漆のアクセサリーを見学したあとは道の駅醍醐の里でお土産などを購入しツアーは終了しました。
f0190624_1849669.jpg

ツアー中は皆さん熱心に郷原漆器や漆について質問され、高山先生も丁寧な説明で答えていただき、大変充実したツアーになったと思います。
[PR]

by hishioarts | 2011-11-22 18:58 | evevt

トランスメディア提供アイコン01 「まにわ漆展」 講演会

11月13日に久世エスパスホールにて講演会が行われました。
講演に先立ち真庭市文化協会会長の甲本弘道先生から開会の挨拶を頂きました。
f0190624_1612454.jpg

岡山県重要無形文化財保持者の山口松太先生の講演で「備中漆と油枩堆錦」と題し、その独自の技法などを映像を使って解説していただきました。
f0190624_1625755.jpg

続いて、山口先生への質問コーナーがあり来場者の方からの色々な質問に丁寧に答えていただきました。
f0190624_1631950.jpg

f0190624_1631425.jpg

そして、東京国立博物館の北川美穂先生の講演で「ブータンの漆文化:東の目で見た西の漆」と題し、ブータンの漆文化を中心に日本の漆文化との共通点などをスライドを使って解説していただきました。
f0190624_163262.jpg

f0190624_1632936.jpg

北川先生の講演後、真庭市文化協会の前田栄様から閉会の挨拶があり、講演会は終了しました。
f0190624_1633486.jpg

講演会終了後のロビーではブータンの漆器の展示もあり、山口松太先生、北川美穂先生共に来場者の方と歓談され漆文化の話題はつきませんでした。
f0190624_165417.jpg

f0190624_1633834.jpg

[PR]

by hishioarts | 2011-11-17 16:20 | evevt

トランスメディア提供アイコン01 「まにわ漆展」オープニングセレモニー

11月12日、無事オープニングセレモニーが終わりました。
今回は、勝山ひしおを中心として、久世、落合の3会場での展覧会企画とあって、各会場の方々にオープニングセレモニーにお越しいただき、テープカットでの開幕となりました。
f0190624_205914.jpg

各会場の作家の皆様、会期中の講演会講師の方、朗読会出演者の方もお越しいただきありがとうございました。井手市長のご挨拶の中には、県議時代からの「郷原漆器」復興に向けての厚い思い入れもお伺いすることができました。
f0190624_214156.jpg


ひしおホールの展覧会「技と匠-郷原漆器」ギャラリートークでは、「漆の館」小野忠司さんによる「備中漆」の漆掻きの工程についてのお話と、実行委員長である高山雅之さんからは、昔の郷原漆器製作工程について実際の道具で丁寧にご説明いただきました。
f0190624_217545.jpg
f0190624_218539.jpg


オープニングパーティーでは、新しい試みとして「真庭ブランド」に認定されている食材を使用したデザートのバイキングのご提案をしました。取り皿は今回の展覧会に向けて郷原漆器で製作していただいたものを使用しました。軽くて持ちやすい取り皿に仕上がってます。今回ひしおホール2階では、展覧会に使用しているものの販売もしております。是非ご覧ください。
f0190624_222170.jpg

[PR]

by hishioarts | 2011-11-15 02:03 | Exhibition

トランスメディア提供アイコン01 バルーンアート教室

11月5日

あいにくの雨でしたが勝山文化往来館ひしおでは
色とりどりの風船が色を添えてくれました。

今回、「Living in Arts Project」にも作家の1人として参加してくださった
バルーンアートの野村昌子さんに「バルーンアート教室」をひしおで開催してもらいました。
f0190624_18533322.jpg


午前中の授業はお魚です。
f0190624_1855408.jpg

f0190624_18561523.jpg
f0190624_18571164.jpg

仕上げに好きな模様をお魚に書いて・・・
f0190624_185801.jpg

完成~!!!色鮮やかなかわいいお魚が出来ました~。


午後の授業は・・・何が出来るか・・・
膨らませて・・・
ねじって・・・
f0190624_1975240.jpg

f0190624_1981929.jpg
f0190624_1994555.jpg


何だろ~???割れないかとドキドキしながら・・・

f0190624_19125852.jpg


くまさんでした!!!
f0190624_19133569.jpg


完成~~!!!みんなくまさんと一緒に帰っていきました。
とても楽しい授業でした。

「Living in Arts Project」も無事11月7日に終わりました。

大勢の方にご来館いただきました。ありがとうございました。

今週末からは「まにわ漆展」が始まります!!!勝山・久世・落合の3会場です。

紅葉も始まり、とてもいい季節です。
秋の真庭にぜひいらしてください。
[PR]

by hishioarts | 2011-11-08 19:26

トランスメディア提供アイコン01 Living in Arts Project開催中!!

f0190624_22322728.jpg

10月29日から開催中のLiving in Arts Projectで「勝山文化往来館ひしお」にも
連日、大勢の方に来て頂いています。
 
今回のLiving in Arts Projectとは・・・
アートとまちに生きるということをテーマに生活の中のアートという意味もあり、
勝山のまちと一緒に行っている展覧会です。

展覧会場は全部で15箇所!!!
写真の旗が目印となっています。

11月3日はひしおの中庭でものつくり“市”が開催されました。

その昔、勝山を流れる旭川に高瀬舟が往来していた時代には
勝山のまちで市が開かれ、賑わっていた歴史があります。

ひしおの中庭で9つのお店が出され賑わいました。
f0190624_2233571.jpg


その日は勝山のまちの「のれんスタンプラリー」も開かれ、子供達がスタンプを集めに
ひしおにもたくさん来てくれました。
f0190624_22334385.jpg


今回の展覧会には41人の作家さんに参加いただいてます。
ここは無料休憩所の「顆山亭」。
f0190624_2234915.jpg

「のれんスタンプラリー」の日はここは1日限定のお蕎麦屋になります。
ここも展覧会場の一つになっているので作品の中で今回はお蕎麦を食べました。

勝山文化往来館ひしおには11人の作家さんの作品があります。
11月7日(月)までです。

ぜひまちとアートに出会いにいらしてください。
f0190624_23115442.jpg

[PR]

by hishioarts | 2011-11-04 23:12