トランスメディア提供アイコン01 <   2012年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

トランスメディア提供アイコン01 京友禅ワークショップ

2月18・19日の2日間にかけて
ひしおのお雛まつり2012
「染・光・音 雅の春」に関連したワークショップが行われました。

京都から京友禅染の伝統工芸士 川邊 善司氏と
友禅染作家でグラフィックデザイナーでもある 川邊 祐之亮氏をお招きし、
京友禅の世界を体験していただく2日間でした。
f0190624_17301536.jpg


まずは善司氏が色の入れ方を説明。
f0190624_17293543.jpg


立ち雛の下絵と糊までは京都で用意して来てくださっているので
f0190624_173399.jpg

ここからスタートです。↓

f0190624_17352076.jpg

f0190624_17352392.jpg


細かい手先の作業となり、かなり集中力が必要です。
途中、質問やご指導していただきながら黙々を作業をされていました。
f0190624_17352734.jpg

f0190624_17474826.jpg



プロの技も途中、見せていただきました。
f0190624_17352443.jpg

f0190624_17354384.jpg


皆さんの集中力も途切れず、予定より早く2日目お昼には完成!!!
f0190624_17354687.jpg




お昼からはご希望の方に「おまけの講座」が開かれました!!!!!
アクリル染料を使って大判のハンカチに筆書きで椿の描き方を教えていただきました。
f0190624_17473048.jpg

f0190624_17473574.jpg

f0190624_17473877.jpg

f0190624_17474415.jpg

椿がかわいく咲きました!!!

工程を教えていただき、体験させていただくと伝統工芸の技のすばらしさを実感。

ワークショップで作った「立ち雛」の作品は3月2日~11日までの
ひしおのお雛まつり2012に合わせて展示をする予定です。


ひしおホールは
川邊 善司氏の「京の名工展」の為に作られた“きもの作品”と
川邊 祐之亮氏の空間デザインで
「染・光・音 雅の春」をご案内する予定です。

ひしおホールが京友禅とお雛さまの世界に染まります。
素敵な空間になると思います。

ぜひご来館ください。
[PR]

by hishioarts | 2012-02-20 18:39

トランスメディア提供アイコン01 原 研哉氏 講演会

1月29日 ひしおのホールにて
真庭市地域雇用創造協議会 主催
地域資源を活かしたまちづくりセミナー
「デザインからまちづくりを考える」

日本のデザインー美意識がつくる未来
知っているけど分かっていなかった故郷


講師には東京からデザイナーの原 研哉氏が来てくださいました。
f0190624_14254883.jpg

原さんは岡山県のご出身で、今は東京にいらっしゃいます。
有名な無印良品のポスターなど、数多く手がけ活躍をされている方です。

瀬戸内国際芸術祭2010のポスター・地図も原研哉氏のデザインです。
http://column.madamefigaro.jp/culture/design/post-515.html
f0190624_14255483.jpg




講演は原さんがデザインされた映像も交え、穏やかな語り口で進みました。
とても興味深いお話を聞くことが出来ました。

日本という国のデザインに関する考え方。
日本の茶室の計算された美しさ。
余計なものは置かず、最小限のもので創造させる空間。
シンプルの意味。

2時間があっという間でした。

まちづくりだけでなく、生活の中でも活かすことの出来るお話を聞くことが出来ました。
[PR]

by hishioarts | 2012-02-13 15:13