トランスメディア提供アイコン01 <   2013年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

トランスメディア提供アイコン01 今年最後の藍染め教室

10/28(月)はひしお講座「藍染め教室」が開かれました。
今年は今回の教室で最後です。少しだけ様子をお伝えしたいと思います。

この日はお天気が良くて、教室となった渡り廊下の1階も1日中ぽかぽかしていました。その上、cafeうえのだんへ来られたお客さまが何人も、講座に興味津々で話しかけてくださったりと、心までぽかぽかしてくるような日でした。

「今日こそ完成させるぞ!」と気合が入ってらっしゃる参加者の皆さん。
f0190624_1651641.jpg

染料につけて…
f0190624_16513687.jpg

水気を取って…という作業を何度か繰り返し、お好みの色合いに染めてゆきます。
f0190624_16515858.jpg

f0190624_16542750.jpg

どんな模様になっているのかな?思った通りにできているでしょうか?
糸を解いて布をひらくまで、ドキドキしますね。
f0190624_16521576.jpg

出来上がりを手ににっこり。思わず拍手が!
f0190624_16544047.jpg

この後、できあがった作品を手に、お一人お一人記念撮影をしました。
先生方、参加者のみなさんありがとうございました。来年もよろしくお願いします。
[PR]

by hishioarts | 2013-10-29 16:34 | workshop

トランスメディア提供アイコン01 オリジナル・スプーンをつくりました

10月27日「日本の美 木工・金工・漆」展の関連企画のワークショップが開催されました。講師は蒜山にお住まいの山田信光さん。「郷原漆器の館」で販売しているヤマグリの木のスプーンを制作されている方です。今回ヤマグリは固くて削りにくいので、水木の木を使用しました。
f0190624_1103470.jpg

今回のの制作時間が2時間しかないため、おおまかなスプーンの形を山田先生が作ってきてくれました。
f0190624_1104651.jpg

参加者は準備されたスプーンの原型の中から、自分にあうものを選びました。
f0190624_1124491.jpg

後は、黙々とひたすら削っていきます。
f0190624_1133799.jpg

柄のところが、削っていて逆目になったら、山田先生に直していただきました。さすが!
f0190624_1141498.jpg

仕上げはオイルフィニッシュ。本当のクルミの実の油を擦り付けていきます。
f0190624_115237.jpg

ナチュラルな色に変化して、いいスプーンになりました。
f0190624_1162324.jpg

最後はお互いの作品を褒め合ってます!!
f0190624_1171034.jpg

f0190624_1174554.jpg

先生との記念写真です!
f0190624_1181326.jpg

[PR]

by hishioarts | 2013-10-29 11:09 | workshop

トランスメディア提供アイコン01 『まにわ漆展』第三弾、好評開催中!

題して「日本の美 木工・金工・漆」、ひしおホールにて開催中です。
お招きしたのは木工作家・川北浩彦先生、金工作家・佐故龍平先生、郷原漆器生産振興会の、各々伝統技術を守りながらも、新しいものづくりに挑戦中の方々です。

初日の10/13(日)にはオープニングイベントが開かれました。目玉は作家による講演会で、なんと50人もの方にご参加いただき、ひしおホールがいっぱいになりました。
下の写真はオープニングイベントの様子です。ちょうど真庭市長にご挨拶いただいている時の写真です。
f0190624_1832659.jpg

下は郷原漆器生産振興会の作品です。
一番手前はポスターとチラシに使わせていただいた「器」です。漆本来の赤みがかった色と白の顔料の色が混ざり合い、遠目で見ると金色のような、優美なクリーム色になっています。
f0190624_18323513.jpg

こちらは川北浩彦先生の作品「欅造透挽木目沈金鉢」の一部です。
f0190624_1833565.jpg

川北先生は轆轤を使った表現を追求されているとのことで、こちらの作品の側面の透かしも、轆轤によってつくりあげられたそうです。
このほかにも、轆轤でこんな形ができるの?という作品が並んでいます。
今回、一部作品をガラスケースを用いずに展示しているので、触れていただくことはできませんが、作品を間近でご覧いただけます。
金工作品も並び、静かにハレの気配が広がるひしおホールに、ぜひお越しになってください。

さらにホールの2階では、パネルなどを用い展示形式で制作工程を披露しています。へぇ~なるほど、と思っていただいた後で、改めて作品を見るのも面白いと思いますよ。
f0190624_18415334.jpg

[PR]

by hishioarts | 2013-10-22 18:47 | Exhibition

トランスメディア提供アイコン01 真庭産原木しいたけを食す。

10月5日午後5時から、まにわしいたけ生産組合の池田さんによる、「しいたけ」についてのわかりやすいお話がありました。ふだん食材に使用している、きのこがどうやってできているのか?原木しいたけとは?など、あらためて尋ねられると、はっきりわからないことが多く、参加された方は、熱心に聞かれていました。また、はじめて聞くしいたけの種類や効能など知識を深める機会になりました。
f0190624_15203789.jpg

f0190624_15204643.jpg

真庭産原木干ししいたけです。肉厚で大きいのが特徴です。
f0190624_15205713.jpg

講演会の後は、会場を「cafeうえのだん」にうつして、真庭産しいたけを使用した料理を味わっていただきました。28種類のバイキング料理が用意されました。バイキングの器に蒜山で制作されている真庭ブランドの「郷原漆器」を使用しました。
f0190624_1521660.jpg

[PR]

by hishioarts | 2013-10-11 15:25 | evevt