トランスメディア提供アイコン01 勝山のお雛まつり写真展2018【審査】

20年を迎えた「勝山のお雛まつり」
今年も「勝山のお雛まつり」でのとっておきの一コマの写真の応募をしました!
176点のご応募をいただきました。たくさんのご応募ありがとうございます!
f0190624_18381080.jpg

そして4月6日に審査が行われました。
f0190624_18381057.jpg
f0190624_18381077.jpg
今年は第13回「勝山のお雛まつり」から現在までのポスター写真を撮影していただいている
石崎公生さんを特別審査員に迎え、実行員メンバーの方も含め、14名で審査を行いました。
f0190624_18381026.jpg
f0190624_18381198.jpg


毎年、審査では応募者の名前を伏せ、審査員が投票用紙に写真の受付ナンバーを記入し投票しています。
f0190624_18375191.jpg

2時間近く審査が行われ、今年の上位作品はこちらに決まりました!!


実行委員長賞…真木健一(岡山県津山市)
f0190624_18371484.jpg


真庭市長賞…佐藤和実(広島県福山市)
f0190624_18371492.jpg


ふれあい賞…芦田和史(岡山県真庭市)
f0190624_18371486.jpg


ほのぼの賞…甲田智之(岡山県真庭市)
f0190624_18371483.jpg



この他、20名の入選作品も決まりました。
詳しくはひしおHPをご覧ください。





〇勝山のお雛まつり写真展2018〇
4月21日(土)~5月6日(日)に今回ご応募いただいた全作品を
勝山文化往来館ひしお、文化センター、町並みの各所へ展示します!!

勝山のお雛まつりの賑わいをこんどは写真で楽しんでみてください。



[PR]

# by hishioarts | 2018-04-07 18:31 | others

トランスメディア提供アイコン01 ひしおのお雛まつり2018

2月25日~3月11日の期間
ひしおのお雛まつり2018
「歌舞伎を演じる土人形たち」を開催しました。
f0190624_12391506.jpg
f0190624_12390118.jpg
f0190624_12390180.jpg
今回は日本郷土玩具会会員で津山市在住の
杉元耕司さんのたくさんの土人形コレクションの中から
「歌舞伎に関係している人形たち」を一堂に集めました。
f0190624_12390114.jpg
f0190624_12390189.jpg
杉元さんは、全国各地に伝承される歌舞伎土人形を
40年にわたって全国を回り一点一点集められています。

その中には、後継者が無く廃絶した人形も多くある貴重な人形たちです。
f0190624_12390159.jpg
f0190624_12391623.jpg
f0190624_12391445.jpg
来場された方は歌舞伎の一幕を思い浮かべながら
土人形の表情や動きに見入っていただけたのではないでしょうか。
f0190624_12450495.jpg
f0190624_12391527.jpg
f0190624_12391478.jpg


[PR]

# by hishioarts | 2018-03-11 23:07 | evevt

トランスメディア提供アイコン01 勝山のお雛まつり20周年記念事業

f0190624_12390203.jpg
今年で20回を迎えた「勝山のお雛まつり」
ひしおでは、20周年記念事業として
「歴代のお雛まつりポスター展示」と
「歴代の商工会女性部による創作雛展」がありました。
f0190624_12391596.jpg
f0190624_12391504.jpg
ずらりと並んだポスター
「勝山町」から「真庭市」へと変わったりと
時の変化を感じたりしました。
f0190624_12391478.jpg
ギャラリー2Fでは
可愛らしい手作り雛の数々が並びました。
f0190624_12390210.jpg
f0190624_12390106.jpg
f0190624_16332823.jpg
f0190624_16332896.jpg
1Fの喫茶スペースから見上げると
天井から吊るされた雛飾りが見え、とてもいい雰囲気でした。
f0190624_16332891.jpg
毎年、多くの来訪者がある「勝山のお雛まつり」
この5日間の一コマを収めた
「勝山のお雛まつり写真展」も今年も開催します。
あなたが撮影したとっておきの写真をぜひご応募ください。


[PR]

# by hishioarts | 2018-03-05 23:05 | others

トランスメディア提供アイコン01 加藤萌展 その②

1月7日~21日まで開催した「加藤萌展」
会場のひしおホールにはたくさんの動物をモチーフにした
作品が並びました。
f0190624_15491415.jpg
乾漆技法で制作された作品。
漆黒の吸い込まれそうな黒の輝きの漆面と動物の毛並みの部分の表現が印象的です。

螺鈿細工が施された作品もあり、「生と死」「命」などを感じられる作品でした。
f0190624_15491448.jpg
f0190624_15491446.jpg
制作工程が90にもなる乾漆技法。
その工程がよくわかる展示や説明写真があり、
来場されたかたもより作品を熱心に観賞されていました。
f0190624_15491331.jpg


f0190624_15475462.jpg
f0190624_15491452.jpg
作家の加藤萌さんは、喋り声が苦手だった幼少の頃、
言葉を発さずにコミュニケーションがとれる動物たちを
とても羨ましく思っていたそうです。
f0190624_15475583.jpg
f0190624_17041575.jpg
動物たちに想いを託し、彼らから想いを伝えてもらう。
そんな想いを込めひとつひとつ作品制作されているそうです。
f0190624_15475416.jpg
f0190624_17042752.jpg
f0190624_17042796.jpg
彼らからどんな想いが伝わってきたでしょうか。

今後の加藤さんの活動にとても興味と期待を感じた展覧会でした。
f0190624_15475402.jpg





[PR]

# by hishioarts | 2018-01-21 23:03 | evevt

トランスメディア提供アイコン01 加藤萌展

1月7日~21日まで加藤萌展を開催しました。
f0190624_15485681.jpg
















初日の7日にはオープニングトークが行われ、
制作工程や、どんな想いがこめられているかなど
日頃聞く事のできない、作家の生の声を
来場された方は熱心に聞いていらっしゃいました。


f0190624_15475563.jpg
















f0190624_15485668.jpg
ゲストに片山康之さん、高本敦基さんを迎え、
表装展のなかで「片山康之✕加藤萌」で制作したお話や
今後の目標などのお話を聞くことができました。
f0190624_15475316.jpg
















オープニングセレモニーとして
新見市の岡山ワインバレーさんの
スパークリングワインが振る舞われ、
作家を囲んで、トークで聞き足りなかったことなど
作品や、作品づくりについて話しが盛り上がりました。
f0190624_15491310.jpg
f0190624_15491385.jpg


[PR]

# by hishioarts | 2018-01-07 22:47 | talk