トランスメディア提供アイコン01 カテゴリ:evevt( 86 )

トランスメディア提供アイコン01 まにわ映像フェスティバル2018 「アニメーションマッピング」リハーサル

24日はまにわ映像フェスティバルのアニメーションマッピング初日の予定でしたが、昨日は台風の影響で設営が出来ずに初日は中止、その代わりに設営と投影のテストでした。

勝山が、なかなか面白い風景になっています。
明日の本番は上手くいきますように。(東京工芸大学 橋本研究室FBより)

f0190624_10401731.jpg


[PR]

by hishioarts | 2018-08-25 10:41 | evevt

トランスメディア提供アイコン01 第三回ひしお寄席

前理事長・辻均一郎さんのご友人・慶応義塾大学落語研究会のみなさまによります「ひしお寄席」を開催いたしました。
f0190624_14140312.jpg

「ひしお寄席」は今回で3回目の開催となり、
第1回目は2010年6月に「林家助平」「三笑亭空巣」のおふたりの落語、
第2回目は2015年6月に「三笑亭空巣」「桂 道楽」「三遊亭恋生」「三遊亭夜遊」の4名の方々による「林家助平(辻均一郎さん)を偲ぶ落語の会」を開催いたしました。

そして今回は林家助平の七回忌に合わせて、ご友人たち3名の方に出演していただきました。
f0190624_14140248.jpg

一、落語 「幾代餅」 三代目 三遊亭夜遊さん


f0190624_14140349.jpg
二、落語 「柳田格之進」 七代目   桂 道楽さん




f0190624_14140430.jpg

四、落語 「へっつい幽霊」 五代目 三笑亭空巣さん

三席目には「バナナのたたき売り」がり、会場は盛り上がりました。
f0190624_14140370.jpg

喫茶スペースではひしおオリジナルミニスイーツ、
西蔵特製ミニおつまみ、御前酒(クライベイビー)が振舞われました。
f0190624_14140366.jpg
f0190624_14140264.jpg
f0190624_14140252.jpg
盛況に終わった「ひしお寄席」たくさんの方にご来場いただきました。
ご来場いただいた皆さま、演者の皆さま本当にありがとうございました。


[PR]

by hishioarts | 2018-06-02 23:12 | evevt

トランスメディア提供アイコン01 ひしおのお雛まつり2018

2月25日~3月11日の期間
ひしおのお雛まつり2018
「歌舞伎を演じる土人形たち」を開催しました。
f0190624_12391506.jpg
f0190624_12390118.jpg
f0190624_12390180.jpg
今回は日本郷土玩具会会員で津山市在住の
杉元耕司さんのたくさんの土人形コレクションの中から
「歌舞伎に関係している人形たち」を一堂に集めました。
f0190624_12390114.jpg
f0190624_12390189.jpg
杉元さんは、全国各地に伝承される歌舞伎土人形を
40年にわたって全国を回り一点一点集められています。

その中には、後継者が無く廃絶した人形も多くある貴重な人形たちです。
f0190624_12390159.jpg
f0190624_12391623.jpg
f0190624_12391445.jpg
来場された方は歌舞伎の一幕を思い浮かべながら
土人形の表情や動きに見入っていただけたのではないでしょうか。
f0190624_12450495.jpg
f0190624_12391527.jpg
f0190624_12391478.jpg


[PR]

by hishioarts | 2018-03-11 23:07 | evevt

トランスメディア提供アイコン01 加藤萌展 その②

1月7日~21日まで開催した「加藤萌展」
会場のひしおホールにはたくさんの動物をモチーフにした
作品が並びました。
f0190624_15491415.jpg
乾漆技法で制作された作品。
漆黒の吸い込まれそうな黒の輝きの漆面と動物の毛並みの部分の表現が印象的です。

螺鈿細工が施された作品もあり、「生と死」「命」などを感じられる作品でした。
f0190624_15491448.jpg
f0190624_15491446.jpg
制作工程が90にもなる乾漆技法。
その工程がよくわかる展示や説明写真があり、
来場されたかたもより作品を熱心に観賞されていました。
f0190624_15491331.jpg


f0190624_15475462.jpg
f0190624_15491452.jpg
作家の加藤萌さんは、喋り声が苦手だった幼少の頃、
言葉を発さずにコミュニケーションがとれる動物たちを
とても羨ましく思っていたそうです。
f0190624_15475583.jpg
f0190624_17041575.jpg
動物たちに想いを託し、彼らから想いを伝えてもらう。
そんな想いを込めひとつひとつ作品制作されているそうです。
f0190624_15475416.jpg
f0190624_17042752.jpg
f0190624_17042796.jpg
彼らからどんな想いが伝わってきたでしょうか。

今後の加藤さんの活動にとても興味と期待を感じた展覧会でした。
f0190624_15475402.jpg





[PR]

by hishioarts | 2018-01-21 23:03 | evevt

トランスメディア提供アイコン01 光延由香利展

11月9日~12月3日まで「光延由香利展」を開催しました。

f0190624_15070422.jpg
f0190624_15070494.jpg
ホール中央に展示した作品「彼女の見た夢」は
7メートル程あるそうです。
f0190624_15070527.jpg
グリーンネックレスをイメージして制作されたこの作品は
間近でみると、蜂がペイントされています。
f0190624_14044390.jpg
ひと針ひと針、丁寧に刺繍された作品に釘付けになってしまいました。


f0190624_15070458.jpg
同じ作品でも見る角度によって、
表情がちがって見えるのもとても素敵でした。
f0190624_15070441.jpg

ひしおホールの凛とした空気の中で見る作品は
可愛らしくもあり、力強さも感じ、様々な表情を見せていました。
f0190624_15070424.jpg
f0190624_15070469.jpg
たくさんの方にご来場いただき、ありがとうございました。
f0190624_15070379.jpg



[PR]

by hishioarts | 2017-12-03 23:06 | evevt

トランスメディア提供アイコン01 「たまのもさうし」


11月12日に「たまものさうし」公演を行ないました。
平井優子さん、三尾奈緒子さん、高本敦基さん、ひしおのコラボレーション企画です。

当日使用したお面は高本さん制作のものです。
f0190624_11452744.jpg
様々な種類のお面が出来上がりました。
f0190624_11452658.jpg
f0190624_11452533.jpg
公演当日は、平井さんのワークショップに参加した
Crest Dance Crewの子たちに出演協力してもらいまいた。
f0190624_11453444.jpg
本番前の一コマ、、、みんなお面も被って決めポーズ!
f0190624_11453482.jpg
ダンスクルーの子たちは瑞穂の国に住む存在たち、
そして、妖狐への捧げ物(生贄)役を演じています。
f0190624_11453523.jpg
本番では、ほんの数回の練習だとは思えないくらい
息ばっちりでした。さすがです!!
f0190624_11451683.jpg
f0190624_11451650.jpg
今回の「たまものさうし」は勝山に伝わる
「殺生石」の伝説をを元に、妖狐が日本に降り立ち、滅するまでを
コンテンポラリーダンスとして再解釈・再構成した
ダンス・パフォーマンス。

f0190624_11451523.jpg
プロローグとして烏のお面を被った高本さんが
「たまものさうし」のストリーを朗読するところから始まります。
f0190624_11453464.jpg
f0190624_11451586.jpg
音楽は三尾さんの生演奏。
おどろおどろしい音色や、艶っぽい音色で
たまものさうしの世界観へ引き込みます。
f0190624_11451555.jpg
f0190624_11453597.jpg
f0190624_11452534.jpg
f0190624_11451617.jpg
表情や指先の動きだけではなく、演者の息遣いまでもが聞こえ、
ダンスの風も感じられるほど間近でのパフォーマンスでした。
f0190624_11452603.jpg


公演の後にはゲストに片山康之さんを迎えて
アフタートークも行ないました。
f0190624_11452609.jpg
f0190624_11452605.jpg


また、「たまものさうし」を再公演してもらいたい。
また観たい!と思った公演でした。
f0190624_11452604.jpg

みなさま、ご来場ありがとうございました。

f0190624_11453415.jpg








[PR]

by hishioarts | 2017-11-12 23:39 | evevt

トランスメディア提供アイコン01 至福のフレンチに出会うin勝山

11月7日・8日の2日間、
フランス料理を楽しむ会
神戸発 至福のフレンチに出会うin勝山を開催しました。
f0190624_14353007.jpg
ひしお開館の2005年にも開催し、ひしおの「食文化企画」のはじまりとなりました。
「あの味が忘れられない。もう一度勝山で味わいたい」という
みなさまの期待に応え、再びシェ・ローズさんをお迎えすることとなった今回の企画。
f0190624_14213738.jpg
佐藤シェフが手がける、地元の野菜やフルーツもふんだんに使用した料理の数々に
見た目にうっとり、味にもうっとりとしていただけたのではないでしょうか。
f0190624_14303899.jpg
f0190624_14314593.jpg
f0190624_14231862.jpg
今回は、ひしおスタッフも佐藤シェフのご指導のもと、
盛り付けや、ホールスタッフとしてお手伝いさせていただきました。

f0190624_14215547.jpg
f0190624_14302958.jpg
私たちスタッフも間近で調理しているところを見ることができ、たいへん勉強になりました。

そして、参加していただいた皆さまには普段の喫茶スペースとは違った
雰囲気を感じていただけていたら幸いです。
f0190624_14234663.jpg



[PR]

by hishioarts | 2017-11-08 23:21 | evevt

トランスメディア提供アイコン01 第七劇場「ピノキオ」

9月16・17・18日の3日間
第七劇場による「ピノキオ」公演をひしおホールで行いました。
f0190624_14014737.jpg
f0190624_14014446.jpg
どの回も満員御礼!ありがとうございます。
演者と客席がとても近いので
大きなホールでは得ることのできないものを
体感していただけたのではないでしょうか。
f0190624_14004641.jpg
f0190624_14004248.jpg
馴染みのある演目に
来場された方も「ピノキオ」の世界に
ぐっと引き込まれているようでした。
f0190624_14005523.jpg
f0190624_14005951.jpg
f0190624_14011059.jpg
ユーモアたっぷりのセリフに会場からは
くすくすっと笑いがおきたりしていました。
f0190624_14012279.jpg
f0190624_14013176.jpg
シーンによって登場人物が次々と変わりましたが、
5人のキャストだけで演じているとは思えないくらい
素敵な公演でした。
f0190624_14011963.jpg
f0190624_14010700.jpg
f0190624_14013446.jpg



[PR]

by hishioarts | 2017-09-18 23:59 | evevt

トランスメディア提供アイコン01 第七劇場 仕込み中

9月12日(火)から第七劇場の劇団員の方がひしおホールで仕込み作業に来館しています。
f0190624_20493602.jpg


ひしおホールを真っ暗にするため、天井の窓も覆いました。
いつものひしおホールが「第七劇場」さんによってどう変わるか楽しみです(^^)
f0190624_20501961.jpg

[PR]

by hishioarts | 2017-09-15 21:40 | evevt

トランスメディア提供アイコン01 まにわ映像フェスティバル2017 アニメーションマッピング

8月18日、19日、20日の3日間、今年もたくさんの方にご来場いただきました。
f0190624_16374991.jpg
f0190624_16380500.jpg
中庭では子どもたちが思い思いの楽しみかたで大賑わい
f0190624_16372513.jpg
f0190624_16372264.jpg
寝っ転がったり、投影されたものを追いかけたり本当に楽しそうでした。
f0190624_16355696.jpg
f0190624_16350694.jpg
f0190624_16354700.jpg
ホールではアニメーションマッピングの時間に合わせ上映も行い、
昼間にゆっくり見えなかった方もゆっくりと観賞していただきました。
f0190624_16380309.jpg
メイン会場となるひしおの駐車場では
7月に行ったプレイベントのこま撮り映像も流れました。
f0190624_16364700.jpg
1日目、2日目と回を重ねるごとに
アニメーションも完成度を増し、
来場者の方は3夜を通してお越しいただけた方もいました。
f0190624_16363054.jpg
f0190624_16363316.jpg
f0190624_16362161.jpg
ホタルの妖精がなくしてしまった鈴を探していくストーリー。
北房のホタルと勝山の高瀬舟、のれんと
真庭ならではのストーリーでした。
f0190624_16364437.jpg
f0190624_16363316.jpg
f0190624_16361939.jpg

f0190624_16362161.jpg
f0190624_16373487.jpg
f0190624_16373717.jpg
f0190624_16365611.jpg
メイン会場から館内に通じる坂道も色鮮やかでした。
f0190624_16350785.jpg
f0190624_16350651.jpg
ひしおの熱い熱い夏は今年も
大盛況となりました。
f0190624_16354581.jpg
ご来場いただいた皆さま、
より良いイベントにするためにイベントスタッフとして
ご協力していただいた関係者の皆さま
そして熱い熱い夏にしてくれた東京工芸大学の学生の皆さま
本当にありがとうございました。


f0190624_16370911.jpg






[PR]

by hishioarts | 2017-08-20 23:34 | evevt